ロゴ

働きやすい環境づくりは業務内容に合わせたオフィスレイアウトが肝

業務の効率を上げるには

業務効率があまり良くないと感じたら、オフィスレイアウトを変えてみるのも一つの方法です。見た目だけでなく、業務にも良い効果を与えるようなレイアウトにするには、オフィスレイアウトの専門知識がある業者にレイアウトの相談をしてみましょう。2つの業務を例に、レイアウトの種類を比較していきます。

ブース型と対向型の違い

ブース型

このレイアウトは、1人1人の空間がパーテーションなどの仕切りによって区切られているものになります。個人で行う業務に向いている形で、このようなレイアウトを選択することで周りの音に左右されず、集中力を保つことができるでしょう。プログラマーなどに向いているオフィスレイアウトになります。

対向型

こちらは反対に、コミュニケーションを多く取らなければいけない業務に向いています。向かい合って座る形になるので、両サイドの人とも、向かい側の人ともすぐに連携をとることができます。事務関係の仕事に向いているタイプです。

更に業務の効率を上げるなら

業務の効率を上げるには、他にもできることがたくさんあります。大阪で賃貸事務所を利用している企業はどういったことを行い、業務の効率化を測っているのでしょうか。ランキングという形で3つの作業をお教えします。

業務の効率を上げるためにできることランキング

no.1

オフィスを清潔に保つ

一番はオフィスの清潔感です。作業中にホコリが舞っていると目が痒くて仕事に集中できません。たくさんの人が出入りするオフィスなら、掃除を行わないとすぐに汚れてしまうでしょう。汚れたオフィスは、社員が仕事に集中できないという問題が起きてしまうだけでなく、お客様や取引先からのイメージも悪くなってしまいます。そういう状態を避けるために、清掃業者を利用しましょう。オフィス清掃の依頼も行える業者があるので、オフィス内やトイレ、ゴミの廃棄なども依頼することができます。

no.2

仕事と休憩のメリハリをつける

休憩を取らずに朝からずっと仕事をし、そのまま残業まで続けてしまうと人は作業効率がかなり落ちてしまうようです。そのことを理解している企業は、社員がきちんと休憩を取れるように、快適な休憩スペースを確保しています。大手企業にはそのようなレイアウトを重視している企業も多いため、2位に選ばれました。
そういった休憩スペースもオフィスレイアウトを行う企業に依頼すれば、疲れが取れるような過ごしやすいスペースを作ってもらうことができるでしょう。このようなB工事を利用する際は、ビルのオーナーへ相談することも大切です。

no.3

個人の作業時間を把握

全員が作業を効率的に行うことができるよう、個人の作業時間を記録するよう支持しているという企業も多いようです。一人ひとりが作業時間を把握することで、スケジュール管理がしやすくなり、ダラダラと仕事を行うことがなくなります。全員が時間を意識して仕事に取り組むことが必要なのです。

[PR]オフィス清掃はプロに頼もう
会社のイメージアップに繋がる!

[PR]事務机を購入
激安価格で表示中!

[PR]オフィスレイアウトはプロにお任せ!
まずは施工料金をチェック♪

[PR]賃貸事務所なら大阪で探すのがオススメ!
仲介手数料無料で利用可能♪

[PR]B工事会社との仲介を依頼
評判の高いコンサル会社をリサーチ☆

業務内容で変わるオフィスレイアウトの特徴

男の人

施行事例を参考にしてイメージを膨らませる

やはり大切なのはオフィスの形ですが、さまざまな施工事例を見ることで、理想のオフィスのイメージを膨らませることができます。綺麗で作業のしやすい空間は、社員全員の業務にも影響していきます。オフィスレイアウトを担当している企業の施行事例を見て、参考にしてみましょう。

迷ったら相談

レイアウトに迷ったら、レイアウトを行う企業に相談しましょう。仕事を行う上でも相談はとても重要なものです。レイアウトを作る際も重要なものになるので、迷ったらすぐに相談しましょう。素早く解決することで、オフィスのイメージが膨らみ、早く工事を進めることができるのです。

業務効率化に関するまとめ

業務の効率を上げるには、オフィス環境と一人ひとりの作業スピードを上げることが必要になります。専門業者への相談と社員との話し合いで、自社の環境を整えていきましょう。一人で考えずに、会社に関わるたくさんの人の意見に耳を傾けていきましょう。

広告募集中